山ヨガについて

山ヨガとは

山登りの高揚感とヨガのリラックス感を同時体験するのが「山ヨガ」
山ヨガのテーマは、ヨガの語源でもある「ユジュ(つなぐ)」
人と自然、心と身体をつなぎます




なぜ山でヨガ?

開放的な場所に行ったとき
手足を広げてみたくなったことはありませんか
山ヨガの原点はそこにあります
壮大な山、どこまでも広がる大地と空に囲まれたとき
呼吸が深くなり、手足を思いっきり広げたくなります
ヨガは、その行為を深め、促進するツールです



山とヨガの相乗効果

山ヨガでは、山を歩くことも「瞑想(ヨガ)」と考えています
自分の足で一歩一歩山道を歩いて
緊張感のある日常から徐々にスイッチを切り替え
自然の一部になっていくことを楽しみます



トータルフィットネス

山歩きでは、心肺機能・筋力・持久力の向上
といった運動効果が得られます
ヨガは、全身を循環させて身体のバランスを整えると同時に
筋肉の過度な緊張をほぐして関節の動きをなめらかにします
山歩きとヨガを両方行うことで
総合的なフィットネス効果が得られます






山ヨガQ&A

山ヨガってなあに? どんなことをするの? という疑問にお答えします!


Q 山ヨガはいつ始まったの?

A イベントは2008年、ツアーは2010年から

2008年、山のフェスティバルの1プログラムとしてスタート。
2010年からは、四季折々の山を舞台に「山ヨガツアー」を開催しています。
山の初心者のための「室内レッスン」や、山ヨガデビューにおすすめの
「日帰り体験ツアー」も随時行っています。


Q どんなヨガをするの?

A 参加者のコンディションと山のシーンに合わせたヨガです

たとえば、こんな感じです。

トレッキングの後に行うヨガは「ほぐし」が中心。
長時間の山歩きで酷使した脚や腰の筋肉は、緊張し、疲労がたまっています。
深い呼吸とゆっくりとした動きのヨガをすることで、
筋肉がゆるみリラクセーションが促されます。

早朝は「目覚め」と「パワーチャージ」のヨガです。
全身を気持ちよく伸ばし、身体を無理なく活動モードへとシフトさせていきます。
胸を開いて、朝の聖なるエネルギーを身体に取り込みます。

どのヨガも、難しい動きはありません。
ヨガ初心者でも充分に行える内容です。


Q 身体が硬くても大丈夫?

A もちろんです

山ヨガでは、大空に伸びていく感覚や、
身体を解放する感覚を体験することにポイントをおいています。
その体験は、深い角度で身体を曲げることより、
はるかに多くの気づきをもたらしてくれます。
まずは、味わったことのない身体感覚、
気持ちよさを味わってみてください。


Q どんな服装でやるの?

A 関節を動かしやすい服装で。防寒着も忘れずに

関節を大きく動かすので、動きを妨げない伸縮性のある服装でご参加ください。
山は平地よりも気温が低く、風の影響も受けるので、
ダウンジャケットや防風機能のあるアウターも必ず用意しましょう。
ヨガマットは不要です。朝露で足元が濡れる場合があるので、
レジャーシートの上に薄手のタオルか布などを敷くとよいでしょう。


Q 注意することはある?

A 安全な場所で山のマナーとルールを守って

危険な場所、他の登山者の迷惑になる場所では行いません。
また、安易な服装で山に入ったりもしません。
山の装備を備え、周囲の状況・天候などを見極め、安全な場所で行います。
他の登山者の迷惑にならないよう、ヨガの時間やスペースにも配慮します。




Copyright (C) 2010-2014 yamayoga 山ヨガ事務局 All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載を禁じます

山ヨガ事務局

山ヨガ事務局は山とヨガを楽しむツアーを開催しています

お問い合わせ先

info@yamayoga.jp
3日以内にお返事をさしあげています。上記アドレスからメールが受信できるように設定をお願いいたします

バーコード

山ヨガブログ内検索

Copyright (C) 2014 yamayoga office All Rights Reserved.