日向山ツアー2016.4.17 レポート


今年初の山ヨガツアーは
雨のスタートとなりました




急きょ「べるがの森」での室内ヨガに変更




雨音が心を鎮め
気持ちよく体がほぐれていきます




2時間たっぷりヨガをしたら
お腹が空きました




ランチの後
満を持して森へ




予報通り
午後から天気は回復




30分ほどのトレッキングで
甲斐駒ケ岳の登山口に到着です




ここには
パワースポットの
竹宇駒ヶ岳神社があります




お参りしてから




尾白川渓谷に繰り出します




吊り橋から見下ろす尾白川
今日は水位が高く流れも急




滝の淵まで
下りてみようと思います




ゴウゴウと流れ落ちる滝と
急流の尾白川




間近にくると
けっこう迫力




滝の上は陽射しが出ているようなので
あそこまで行ってみましょう




今日はじめての登りですが
みんな元気な足取りで登っていきます




千ヶ淵の滝壺の上流にきました
みつばつつじの咲くこのピークが今日の最高地点
標高にして800mくらいかな




水を吸って潤う森
雨上がりの森って
こんなにいいにおいだったのね




青空が大きく広がり
完全に晴れてきました




エネルギーあふれる尾白側渓谷で
メディテーションタイムを楽しみます




束の間の瞑想で
心も体もパワーチャージできました




自然の力ってすごい




そのあとも桜の木の下でヨガレッスン
甲斐駒ケ岳を仰ぎ見る絶好のロケーション




背中に太陽を浴びると
やっぱり太陽のありがたさを感じます
雨と晴れ、両方を体験できた1日
これも山ヨガなんですね



Copyright (C) 2016 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください

北八ヶ岳天狗岳ツアー2015.9.26-27 レポート

久しぶりの山ヨガ
それも1泊2日の泊まりです


DAY1
9/26(土)

訪れたのは
紅葉が始まった北八ヶ岳




1日目の今日は
唐沢鉱泉から黒百合ヒュッテまで向かいます




しらびそと苔の森
濡れた岩に注意しながら
一歩一歩




午後1時半
コースタイムを大幅にオーバーしましたが
なんとか黒百合ヒュッテに到着です




荷を置いてひと休みしたら
展望の中山へ向かいます




視界が開け
天狗岳の美しい姿が見えました
明日は、あの山に登ります




見晴らしのいい中山展望台で
気持よくヨガを楽しみます




標高2500mのダウンドッグ
太陽で温められた岩の感触と
逆さまの景色が新鮮です




天狗岳のように
高く高く
どこまでも伸びていけそう




山の包容力と圧倒的な開放感
胸が自然に開いてきます




山の呼吸に
自分の呼吸を合わせたら




大自然の一部に
なれたような気がしました




短い時間でしたがヨガで
身も心も軽くなって
黒百合ヒュッテに戻ります




DAY2
9/27(日)


朝食をすませ、外に出てみると
何層にも重なった雲が
それぞれ違うスピードで流れていました
最近、こんなにゆっくり雲を見たことってあったかな




そんな空のアートを楽しみながら
黒百合ヒュッテの前で朝ヨガ




そして
いよいよ天狗岳へアタック!




山肌の彩りは
まるでパッチワーク
今がちょうど見頃です




山頂を目指して登っていくと
雲が出てきてしまいました




それでも、頂上が近づくと
心が高鳴ります




東天狗岳に登頂です!




登頂の記念とバースディの記念を全員で
おめでとう




下山ルートも
紅葉でいっぱい




もう少しだけ山での時間を楽しみたくて




瞑想をすることにしました



 
ポーズはそれぞれ自由




静かでおだやかな
雲上瞑想




昨日よりさらに紅葉が進んだ下山道
山ヨガで整った心と体で
元気に日常へ帰ります



Copyright (C) 2015 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください


山ヨガ春ツアー in 葉山 2015.3.7 ルポ

弥生の春



あたたかな陽射しの下でヨガを
と思ったら



あいにくの空模様
葉山は、厚い雲に覆われてしまいました



 
でも山で呼吸するのって気持ちいい
ヨガで体を温めてからスタートです



 
30分ほどで「二子山」
天気のおかげで山頂は貸切です




二子山から
森戸川源流部へ下ります




ここからが今日のメインディッシュ
シダが茂るワイルドな森を奥へ奥へ




相模湾にそそぐ森戸川
その最初の1滴がここから始まっています




1滴が集まって川になり




さらに森を潤します




まだまだトレイルは続きます




水音が心地いい場所があったので
ヨガを楽しむことにしました



 
みずみずしい空気を体いっぱいに取り込んだ頃
ぽつりと雨粒




本降りになる前に
山を抜けだし海へ移動します




海の見える室内で
ヨガの続きをたっぷりと
は〜〜〜ぁ、緊張がが抜けていく




ヨガが終わると
雨は上がっていました




せっかくだから
逗子駅まで歩いて帰ることにします





途中に見晴らしのいい古墳跡があります
そこへ登ってみようと思います







到着です

山に降った雨が土にしみこみ
やがて川となり海へと流れ込む
海から蒸発した水は、雲をつくり
再び雨粒となって地上に戻ってくる

そんな水の循環を感じた
春の山ヨガでした



次回は、5月の新緑ツアーでお待ちしています!




Copyright (C) 2015 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください





忘年山ヨガ湯河原2014.12.7 ルポ

2014年最後の山ヨガは温暖な湯河原で開催


駅から歩き始めて10分
ただならぬ存在感の大木は
成願寺にある樹齢800年のビャクシン





みかん畑の横を通って
いよいよ登山道へ





かなりの冷え込みが予想されましたが
アウターを脱ぎたくなるほどポッカポカ




1時間弱で眺望広場に到着
うわぁー海だ キレイ





とっても気持ちのいい場所なので
ここでヨガをしようと思います





芝生の上にゴロン
これ、ちゃんとしたヨガのポーズですよ




お腹に太陽をいっぱい浴びて





空と大地へ向かって
伸びていく




山ヨガ、気持ちいいーーー




 
たっぷり1時間
ココロとカラダの奥深くまで
山の空気を送り込みました






全身がすっかり軽くなったので
山頂まであともう少し頑張ります





着きました




城山の山頂です





一期一会
みんなでポーズ



    
昼を過ぎると陽射しはあっという間に弱まり
そろそろ下山の時間です



今年も山ヨガにご参加ありがとうございました
2015年も、楽しいツアーをご用意してお待ちしています!




Copyright (C) 2014 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください






湯の丸高原ツアー2014.7.26 ルポ


ニッコウキスギゲが見頃の湯の丸高原にやってきました
これから登る「湯の丸山」もよく見えます




広大な湯の丸高原キャンプ場にて
ヨガでウォームアップ
日常から山モードにスイッチが切り替わる瞬間です




いよいよトレッキング
陽射しを遮ぎり、涼風を届けてくれる森は
天然クーラー



森を抜けると、湯の丸山の稜線が間近
ここからは太陽のパワーに負けないように
一歩一歩登っていきます





登山道の途中には、今が見頃の高山植物
「あー! かわいいー」




山から下りてくる風で汗を冷やしつつ
山頂を目指します
暑いけど、夏山はやっぱり気持ちいい




湯の丸山の山頂
遠く連なる山々と空のグラデーション
上空を流れていく雲の群れ




太陽で温められた大地のうえで
少しだけメディテーションをすることにしました




目を閉じて呼吸を繰り返します
大自然の包容力のせいなのか
ずっとずっとこうしていたくなるのです




自然と自分の呼吸が共鳴した数時間
心身がリセットされ、元気になれたみたい




◎information
次回の山ヨガツアーは「北アルプス」で開催します
白馬連峰を望む雲上の地へ思い切って出かけましょう!

詳細はこちら
北アルプス白馬大池ツアー




Copyright (C) 2014 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください



新緑の伊豆大島ツアー2014.5.24-25 ルポ

5月24日(土)
東京・竹芝桟橋 22時出航

この季節の恒例となりました「山ヨガ伊豆大島ツアー」
今年も夜行船で旅立ちます


5月25日(日)
朝6時、予定通り伊豆大島に到着

風が強いけど、お天気はまずまず




のはずが、山にあがってくるとこの天気
山の上部はすっぽり雲に包まれていました




三原山はいずこ?
その姿を想像しながら砂礫のトレイルを進みます




時折明るい陽射しが差してくれるおかげで
気分も少しずつ盛り上がっていきます




それにしても、強い風
予定していたヨガポイントでは
とてものんびりできそうにありません




いろいろあるのが山ヨガです
お鉢の縁まで上がり
大地の神「三原神社」にお参りをしましょう




三原神社は、度重なる噴火でも溶岩に流されなかった場所
拝殿を避けるように流れた溶岩の後に神の力を感じます




どうか、晴れますように!!
全員で天気の回復をお祈りして、いざお鉢へ




お鉢の一部に風がよけられる場所がありました




山頂も、青空も見えないけど
束の間のヨガを楽しみましょう



呼吸するたびに
体が喜んでいる



溶岩の間にすっぽり体をうずめると
背中がほんのりあったかい





保水力が弱い砂礫と溶岩でも、力強く育つ「蓼」
どんな環境でも、そこに命はあるのです




山頂の中央火孔にやってきましたが
真っ白で何も見えません




と、思ったら、
おおーーー 見えたーー!!




深さ200mの三原山の火孔
スケール感に圧倒されます




山の裾野側もくっきり見えてきました
天気、このまま回復するかな〜




お鉢を回り込んだ瞬間、いきなりの突風
飛ばされないように、重心を低くして!




最も高い「剣ヶ峰」にたどり着ました
ここでヨガをする予定でしたが
あまりの強風のため、ガイドから緊急講座




ようやく、風の弱い場所にやってきました
ここはまるで天国のよう




強風体験で噴出したアドレナリンも
ヨガで、すっかり落ち着いてきました




一期一会の山ヨガツアーも終了間近




日常にはない振れ幅と感動をいつもありがとう
やっぱり、この山、この島が大好きです



◎information
次回の山ヨガツアーは「湯の丸高原」で開催します
ちょと足を延ばして、可憐なお花と絶景を見に行きましょう!

詳細はこちら
湯の丸高原 フラワーツアー




Copyright (C) 2014 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください

























三浦半島菜の花ツアー2014.3.15ルポ

2014年3月15日

3月に入っても、底冷えする寒さが長引いていた今年の春
中旬に入って、ようやくゆるんでまいりました


ハイキングの起点は前田橋
川の中を歩いていく楽しいコース


川が終わり、登山道へ



1時間も歩かないうちに
菜の花の山頂が見えてきました



山頂は、すっかり春




ヨガでひと息入れましょう




ポカポカの春の陽射し



広く青い空



春のシャワーを体に浴びて




菜の花畑の前で胸を広げる




春の遠足気分
最後は、海が見える展望台へGO!


春は花に始まり、やがて新緑へ

次回は、船で行く最短の島
「伊豆大島」で開催

さわやかな春の日を、また山ヨガで

詳細はこちら
山ヨガ伊豆大島ツアー2014



Copyright (C) 2014 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください




山中湖忘年ツアー2013.12.7-8 ルポ

富士山が世界遺産に登録されたフジサンイヤー2013年
1年の締めくくりは、やはり富士!
ということで、9月に引き続き「山中湖」にやってきた


DAY1・12/7(土)
 
須走から立山ハイキングコースへ
登山道には落ち葉がいっぱい
フカフカ、サクサクやさしい音をたててゆく




ゆっくり2時間かけて到着した立山
山頂から望む富士は
雲から顔を出したり隠れたり




太陽であたためられた大地にゴロン
青空を仰ぐ極上のシャバヴァサナ




富士山に向かって胸を開けば




滞っていた体が流れはじめる




午後になると、あっという間に傾く冬の太陽
日だまりハイキングもいよいよ終盤




宿がある山中湖に下山すると
湖畔の空がもう赤く染まりはじめていた



この後は宿で
温泉&薬膳料理、お休み前のヨガでほっこり





DAY2・12/8(日)

おはよー
山ヨガの朝は、目覚めのヨガではじまる



本当なら、あの雲の向こうに富士山がいるはずなのだけど…
でも、冬の朝の澄んだ空気がこのうえなく気持ちいい



 
曇り時々晴れ
富士山に少しでも近づきたくて眺望の山「明神山」へ




世界遺産の富士山と裾野に広がる山中湖
それが一望できる大パノラマコース




高度が上がるにつれ、テンションも上がる
広い空に続くカヤトのトレイルをさくさくと




明神山の山頂に着いたー




ちょっと休憩したら、次の山を目指して縦走
紅葉が終わり、退色しはじめた冬枯れの森
その姿もまた美しい




最後のピーク「三国山」も絶景ポイント




風弱く、おだかやかな山頂で最後のヨガ
今回のツアーは天候に恵まれ、ヨガがとても充実していた




ご参加ありがとうございました
また来年、四季折々の山でお会いしましょう!




Copyright (C) 2013 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください




屋久島ツアー2013.11.1-3 ルポ

DAY1・11/1(金) 屋久島到着〜島内観光〜麦生の宿へ

屋久島に来て最初に向かったのは「猿川ガジュマル」
絡み合った枝の間から差し込む光
こんにちは、ヤクシマ!



あまりに気持ちがいいので
ガジュマルのベッドの上にゴロン



この日のヨガは海辺で
波の音を聞きながら体を解放



DAY2・11/2(土) ヤクスギランド〜太忠岳

朝から霧雨
屋久島らしいといえば、屋久島らしいお天気



でも、ようやくヤクスギに会えた



圧倒的な存在感
見ているだけでパワーがもらえそう



そんなヤクスギに囲まれてヨガ



呼吸をするたびに



みずみずしい森の生命力が伝わってくる



屋久島は、水の島
飲料水がくめる水場にも恵まれている


 
潤った森には600種類ものコケが生育


 
東日本ではあまりみかけない植物にも出会える
これは、根っこに寄生するツチトリモチ



いた、いた! ヤクシカともやっと会えた



太忠岳の山頂は、残念ながらまっ白
青空の下のヨガは、次回のお楽しみにとっておこう



DAY3・11/3(日) 白谷雲水峡〜屋久島発

朝起きると、外はまだ雨
なので、お部屋の中で目覚めのヨガを



ヨガが終わって外に出てみると
雨もあがり、空が明るくなっていた



増水が心配された「白谷雲水峡」



でも、大丈夫
むしろ、雨の後の森は
ひときわ美しく輝いている



屋久島から感じるのは「循環」
よどみなく流れる水
その水が水蒸気となって雨を降らせ、またこの森にかえってくる



飛行機の時間があるので、「苔むす森」で折り返し下山
もう少し滞在したかったけれど
この続きは、また来年…


*宮之浦岳縦走編のレポートはこちら



次回の山ヨガは、12月7日-8日のウィンターツアーです
ご参加お待ちしています!



Copyright (C) 2013 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください




山ヨガ事務局

山ヨガ事務局は山とヨガを楽しむツアーを開催しています

お問い合わせ先

info@yamayoga.jp
3日以内にお返事をさしあげています。上記アドレスからメールが受信できるように設定をお願いいたします

バーコード

山ヨガブログ内検索

Copyright (C) 2014 yamayoga office All Rights Reserved.