涸沢ツアールポ(2013.7.26-28)

*DAY1*

穂高の玄関口、上高地にやってきました
堂々たる穂高の雄姿
その向こう側に、今回目指す「涸沢」があります



梓川沿いをハイキング
鳥のさえずり、川のせせらぎ、森の香り
自然のシャワーが歓迎してくれます




穂高岳神社奥宮のある明神まで来ました
ここで登山の安全をお祈り




奥の明神池にも入ってみました
明神岳の伏流水が流れ込む
美しく澄んだ池が広がっています




さあ、徳沢を目指して
もう1時間ほど歩きますよ




着きました、徳沢
やわらかい午後の日差しに包まれてクールダウン




山を眺める人
食事の準備をする人
ヨガをする人
ここでは、いろいろな自然の楽しみかたができます




続いてのお楽しみは徳沢園の夕食
名物のイワナに舌鼓
自然に顔もほころんで、初日の夜は更けていきました



*DAY2*

翌朝は徳沢の河原に出てみることにしました
前穂高がのぞめる気持ちのいいヨガスポットです




しばらくすると、ポツポツと天気雨
雨粒が大きいので退散しようしたら、対岸に虹
山にいると、こんな自然のサプライズが楽しい



 
宿に戻って
徳沢園のおいしい朝ご飯
元気出る〜



 
一時、土砂降りだった雨もあがり
いよいよ出発です





横尾まで来ると
かなりお天気も回復し、太陽と青空が顔を出ました




ちょっとだけ河原遊びも
絶対、押すなよ




やはり徳沢で1泊すると体がラクです
あっという間に涸沢が見えてきました



 
と喜んでいたら、直下は一面の残雪



 
念のため用意してきた軽アイゼンをつけてみました
つぼ足でもいけそうですが
「はじめてのアイゼン体験」もしてみたかったのです




涸沢も、こんなに雪が残っていました
見慣れた夏の涸沢の風景とは大違い




 
雲の切れ間から顔を出した前穂高岳
涸沢小屋のデッキから、いつまでもいつまでも眺めていました





*DAY3*

最も楽しみにしていたカールでの山ヨガです
ややガスがかかってしまっていますが
圧倒的なスケール感は、やはり涸沢ですね





山に入ってすでに3日目
体も、心も、力みがとれ
自然に動いて、のびていきます

 

今さらながら、空の広さに驚いてしまう




      
北アルプスはお花の季節
涸沢からの長い下山道では
可憐な高山植物たちが目を楽しませてくれました



何度訪れても、いつも違った表情を見せてくれる涸沢
山ヨガのホームグランドとして
また来夏、会いにいきましょう




Copyright (C) 2013 yamayoga office All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください

山ヨガ事務局

山ヨガ事務局は山とヨガを楽しむツアーを開催しています

お問い合わせ先

info@yamayoga.jp
3日以内にお返事をさしあげています。上記アドレスからメールが受信できるように設定をお願いいたします

バーコード

山ヨガブログ内検索

Copyright (C) 2014 yamayoga office All Rights Reserved.